中央社会保険医療協議会 総会(第328回) 議事次第

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000111936.html

答申がでて、記者会見も行われ、さまざまなコメントもネットで散見されます。批判的な意見も当然ありますし、期待の声もあるようです。

 

以下、記者会見の内容から、某N経DIの記事から抜粋させていただきます

日本労働組合総連合会「患者本位の医療を確立する連絡会」委員の花井十伍氏は、調剤報酬関連の見直しやかかりつけ薬剤師が定義されたことを受けて、「今改定は言わば、何度目かの『医薬分業元年』ということになる。おそらく今回が最後の(改革の)チャンスに近いのではないかそうした意味では、保険薬局だけでなく、薬剤師全体、職能全体が正念場を迎えていると感じる。大きな期待が薬剤師にかかっている。かかりつけ薬剤師という役割が明確になったことに伴い、本来国民が利益を得られる医薬分業の姿をぜひ見せていただけることを期待している」と述べた。

ここまで

 

実感として、この記事の方が言われる「最後のチャンス」というのは言い得ているのではないかな、と思います、役割をしっかり果たせば評価されるような仕組みにみえなくもないですから。どっちにしろ、やめるのでなければ、やるしかないでしょう(^^)

 

今回の改定が業界のある層に対して重点的に厳しく評価するものである印象はやはりあります。しかし今は、薬局の開設者が個人ではなく企業であることがほとんどの時代ですから、企業や薬局ではなく、薬剤師個々人の能力が評価され、且つ求められる時代となることは必然のような気がします。また、求められている能力が保険調剤だけではないこともしっかり受け止めなくてはなりませんし、本来いわれなくてもやらねばならないことだとも思います。

 

地域の薬剤師の皆様におかれましても、自分の周囲だけ見るのではなく、広い視野を持ち、地域医療との連携や活動などに個人として積極的に加わっていただけたらと思います。薬剤師個人を磨くことが、ひいては所属する企業にも利益となるはずです。今回の調剤報酬改定にあわせた針路とも一致するのではないでしょうか(^-^)

安定ヨウ素剤事前配布会

今日は市内の3カ所で、日立市における安定ヨウ素剤配布会がおこなわれました。来週、再来週も市内3カ所ずつでおこなわれます。
_R000291

「安定ヨウ素剤事前配布会」とは、事前に「安定ヨウ素剤」を配布することで、「事前」とは原子力施設の事故が起きる以前のことを指しています。

どういうことかというと

国の原子力災害対策指針において、事故が想定される原子力発電所から半径およそ5キロ圏内の区域がPAZ(Precautionary Action Zone予防的防護措置を準備する区域)とされ、日立市内の一部も区域に含まれます。

この区域では、原子力施設で事故が起きたとき、急速に事故が進展する場合においても確定的影響(この措置で想定するのは内部被曝)を回避するため、放射性物質の公衆環境への放出前から予防的にPAZ内に居住する住民に安定ヨウ素剤を所持していただくことになります。

なんのために安定ヨウ素剤を持っていてもらうかというと、原子力施設で事故が起きて放射性物質が放出されて避難しなくてはならない時に服用してもらうためです。

原子力事故により放射性ヨウ素が放出された環境でも、非放射性ヨウ素製剤である安定ヨウ素剤を予防的に内服して、甲状腺内のヨウ素を安定同位体で満たしておけば、以後のヨウ素の取り込みが阻害されることで、放射性ヨウ素による内部被曝を防ぐことができるということになります。

だから避難の際に安定ヨウ素剤を服用して初期の内部被曝を防ぐのです。

予防的措置といっても、予め行うのは安定ヨウ素剤の配布で、実際の服用については原子力事故が起きて、国や地方自治体の判断と指示があってからになります。

 

 

私も薬剤師として配布会のお手伝いに行ってきました。

そして、本日ご協力いただいた薬剤師の皆様、日立薬剤師会のよびかけに答えていただきありがとうございましたm(_ _)m

来週・再来週もよろしくお願いいたします、またがんばりましょう!

 

_R000290

配布会には、たくさんの住民の方がいらっしゃって、様々なお話をうかがいました。

お薬手帳を持参されて、服用されている薬と安定ヨウ素剤の併用について質問される方もたくさん居られました。

また、皆さん色々な感情を持って配布会に来ているのを実感しました。

結局、逃げなくてはならない事態にはなって欲しくないという気持ちは共通です、当たり前ですが・・・。

 

2011年に福島原発の事故があったので、原子力施設の事故の蓋然性が前提となり国が対策を施す中、原子力発電所の再稼動が次々と認可されている現状には、やはりねじれを感じざるを得ないです、個人的に。

いや、この事業を否定するわけではないです。県の職員や市の職員の皆様は、国民・住民のために身を粉にして働いています本当に、多謝多謝です。

日本人としてエネルギーを享受している以上、供給してくれている技術や企業にも敬意を持たねばならないとも思います。

それに現状では予防的措置がある方が良いに決まっています。福島原発事故以来、もし何もしなかったら、そんなの怠慢です。

 

 

 

 

あの日とそれからの日々、黒澤明のカラー映画や忌野清志郎の替え歌を頭に巡らせながら過ごした夜に、何を考えていたのだったか・・・

 

本当の安全とは何なのか? というさらなる前提に思考がめぐるわけですが、

ひとつひとつ、できることをやっていくしかありませんね( ´ ▽ ` )ノ

 

「地域健康フォーラム in 日立」にて お薬なんでも相談コーナー開催しました

日立医師会主催「平成27年度 地域健康フォーラムin日立」が日立市と元気ひたち健康づくり市民会議の共催で、2月6日土曜日に日立市保健センターにて開催されました。

今回フォーラムのメインテーマは「がんを知ろう!がんを防ぐためにできること」です。

日立市の死因の第1位である悪性新生物(がん)についての基礎的な知識や、早期発見・早期治療の重要性とその予防について、地域・医療・行政が協働で、正しい知識を広く市民の皆様に普及啓発することが目的となります。

 

日立薬剤師会はメイン会場とは少し離れて、各団体がおこなう「健康コーナー」のなかで、「お薬なんでも相談」コーナーを設置しました。_R000284

錚々たる団体の「健康コーナー」の中に参加させていただく機会を与えていただきまして、ありがとうございました。

 

フォーラムに参加される市民の皆様は、メインテーマである「がんを知ろう!がんを防ぐためにできること」に興味があって来訪されるわけですから、当初は「お薬なんでも相談」についてもテーマを絞り込んだ方が良いのか迷うところはありました。でも、関係者の方から、気軽に相談できるお薬相談所であればなんでも良いです、というお声かけをいただき、それではいつもの調子で行きましょう!と相成りました(^ ^)

生活安全フェスティバルと違って、参加される方は不特定多数の大人数ではなく、フォーラムに参加する100名を超える人数ですから、黙って座っていても興味はもたれません。それでいくつか興味をひけそうなアイテムを用意したのですが、ちょっとひろげすぎたかもしれません(⌒-⌒; )_R000285

「知っていますか?オブラートの上手な使い方」「ジェネリック薬品しらべます」「たばこ(ヤニ)の検査やってます」などを準備していったのですが、

 

オブラートは自分たちで実験しただけで終わってしまいました! 薬剤師のくせに薬を飲み込むのが苦手でどうしてもオブラートを口にいれると「オェッ」となってしまう人がいたので企画倒れです( ;´Д`)

ジェネリック薬品への興味はほどほどにありましたが、調べて欲しいという話の流れにはならなかったです( ? _ ? )

たばこのやに検査については、喫煙されるかたには興味を持っていただき、唾液中のヤニの量に気づいていただけました^_^

カプセル製剤の模型や一包化の模擬薬は、相談されるお母さんを待つ、小さい子たちの気晴らしにはなったかもしれません、おもちゃのかわりに・・・・( ̄▽ ̄)

他にも準備だけして実施しなかったアイテムもあり、もっと焦点を絞って体験していただけたらよかったかな、と反省はあります。

 

しかし、「お薬なんでも相談」のキモである薬の相談では、率直な服用の不安や、家族の服用薬についての心配などの相談もありましたので、誠心誠意をもってお答えをしました。また薬についての雑談や、健康自慢などの楽しいお話もうかがうことができました。

市民の皆様の健康に対する興味、また薬に対する期待や不安に答える情報を提供するために、精進しなければならないと気を引き締める思いです。

今後もこのような機会に、日立薬剤師会として参加協力していきたいです。皆様、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

中央社会保険医療協議会 総会(第326回) 議事次第

情報源: 0000110780.pdf

是非情報源のファイルをご覧ください。いよいよ具体的な内容が明らかになってきました次期改定ですが、なかなか大変なことになっております。

特に「かかりつけ薬剤師指導料」が具体的に示されました。数字は未定ですし、条件はとても厳しいです。しかし今までは、価値があっても評価されることがなかった地域薬剤師会の草の根の活動が、日の目をみるかもしれないという期待感があります。

pdfの90ページ記載「かかりつけ薬局指導料」における算定要件 (4)の③には、「医療に係る地域活動の取組に参画していること。(地域の行政機関や関係団体等が主催する講演会、研修会等への参加、講演等の実績)」とあります。
この「医療に係る地域活動の取組」ですが、日立薬剤師会の「お薬講座」は当然条件に当てはまるとして、他にも「薬と健康の週間」や「休日診療所の業務」なども地域活動の取組のひとつとして認められれば良いなと思ってしまいます。だって今まで頑張ってきた会員の皆様の活動が具体的に評価されることになるじゃないですか(^ ^)
地域多職種連携や勉強会の開催などと合わせて、やはり地域薬剤師会の活動が価値があるものとして評価されることになれば、さらに活発な活動が可能となるとともに、より多くの薬剤師の協力も得られるのではないかと期待もしてしまいます。

平成28年の日立薬剤師会新年会が開かれました

1月23日土曜日にホテル天地閣にて、今年も無事に新年会が開催されました。

_R000232会長の挨拶

_R000237日立医師会の星野先生の挨拶

_R000240日立歯科医師会の間宮先生の挨拶。いつもながら軽妙なお話でした。

_R000236

茨城県薬剤師会の氣田先生の挨拶

先生方の挨拶で、共通のキーワードは多職種連携でした。

 

_R000261

恒例のじゃんけん大会も盛り上がりました。今年は私もちゃっかり商品をゲットしちゃいました(⌒-⌒; )

新年会の写真を日立薬剤師会ホームページの会員のページにアップしましたので、会員の皆さまにおかれましては、よろしかったらご覧ください。

小学校で教室の空気検査をしてきました

今日は学校薬剤師としての活動で、小学校へ行き教室の空気検査をしてきました。空気検査は、正常で快適な学校の環境を維持して、子どもたちの学習意欲低下や健康被害を防ぐためにおこなっています。

 

今日は冬空ながらも晴天です、気温は低めで校庭には霜が降りていました。ところどころ白い粉がまかれています。どうもグラウンドに白い線を引くための粉のようです。今はライン引き用の白粉は炭酸カルシウムが使われていて子どもにも安全ですが、これを凍結防止剤の替わりに使用しているようです(もしかすると常識なのかもしれませんが、感心してしまいました)。

寒くても子どもたちは元気で、中休みには皆なわとびをしています。インフルエンザによる欠席は全校で5名ほどいるそうです、大きな流行にならないことを祈ります(>人<;)

 

外気は摂氏9度でとても冷たいので、教室の外窓は閉め切った状態です。教室に2台ある備え付けのガスファンヒーター(密閉型で外気を使って燃焼して排気も外へするので空気の汚染はないのかな、と思われる)のうち1台を使用して教室の温度は20度前後あり快適でした。日当たりが良いこともあります。外窓は閉めていても廊下側の天窓は開放していることにより空気は循環されているようでした。

_R000228

廊下側の天窓が開いていても児童の顔付近の気流はほとんどありません、体感は心地良い状態ですが二酸化炭素濃度がやや気になります。授業の途中で換気をすることになると寒い思いをさせてしまうかもしれません( ;´Д`)

 

_R000230

いろいろな工夫もありなんとか湿度は保たれていました。50%には満たないので安心できる数値ではないですが、今の季節はやむを得ないかと思います。

 

_R000227
実は測定した教室は1年生(体が小さい)のものだったし、教室の広さに対して児童数が適正なので、想定よりも二酸化炭素濃度はあがりませんでした(教室で私が一番二酸化炭素を吐いていましたね)。1500ppmを超えることはなく、授業の途中で外窓を開けるには至りませんでした。休み時間に換気すれば十分です(^ ^)

 

 

 

教室の照度も測りました。

_R000229冬空ですが、晴天なので時折強めの日差しが教室に注ぎます。

日差しは暖かで日向ぼっこをするのにはうってつけなのですが、教室では窓際と廊下側では光の当たり具合が全然違うので日差しが強く照度差が大きくなると目に負担がかかります。まあなんとか照度差は基準値以内だったし、目視でまぶしさが不快なことはなかったのでそのまま暖かな日をあびたりしながらの授業となりました。いざとなればいつでもカーテンを引けばよいですが、やはり冬の日差しは大切にしたいと思うのは人情じゃないですか( ´ ▽ ` )ノ

 

 

小学校の保健室におじゃまして報告書を書かせていただいたのですが、保健室は賑やかです。保険委員の子どもたちがもちろん活躍しています、外でころんだ1年生の膝小僧を消毒する手つきは慣れたものです。熱を測りに来る子や腹痛の子が立ち替わりやってくるほか、保健室の先生に悩みを相談しに来る子のオアシスとなっていたりします。
_R000231

保健室はとても清潔感があり、ベッドもなにやら楽しそうで何もなくても横になりたくなってしまいますね、こどもでなくても(⌒-⌒; )

こどもたちは、とても元気がよくかわいらしいです。短い時間でしたが多分1〜6年すべての学年の子が保健室を訪れたので、それぞれの年齢の様子を垣間見ることができましたし、何人かとは話もできました、楽しかったです。

話をした5、6年生なんか私よりも全然やさしさにあふれ、聡明で思いやりが深いことに感心しました。また同時に、ちょっとこども扱いしようとしたことに恥入る心境でした。

実はたまたま、小学5年生の私の息子と幼稚園がいっしょだった子に出会ったのです、現在はちがう小学校なのですが、その子と愚息は今も交流があるのだそうで友達でいてくれていることがわかりました。なんだかうれしくてつい軽口をたたくように「うちの子はさ、幼稚園のころから人前で話すことが苦手で、今でもおとなしいでしょ、ラグビーやってても声がだせなくて苦労しているのだよ、一緒にいて黙ってたらもっと元気出せ!って喝いれてよ」と言ったのですよ。

そしたら

「おとなしいのはわかってます、でも無理はさせません

さらに

「そんなの全然大丈夫、そのうちちゃんと大声を出せるようになります。僕たちは会えば馬鹿騒ぎして楽しんでますよ」

とまあ、なんでしょう、この思いやりと思慮深さ!そして表現力が素晴らしい(キャプテンみたい)。私もこんなふうに堂々と友だちを思いやってかばえる人間になりたいと思ってしまいましたよ、感動しました(T ^ T)

 

子どもたちをみているとやはり未来は明るいし、未来を任せても大丈夫だと思えます。だから大人は身を削って、子どもたちのために今の世界を守らなければならないと思いますよ、漠然と。それぞれの足場で、与えられた条件の中であったとしても。だから薬剤師ならば、それとしてやるべきことをやらなければなりません、と思います(^ ^)

本年もよろしくお願いいたします!

本日は日立市休日診療所の当番でした。

今のところインフルエンザの流行は起きておらず、例年に比べると患者数は少ないです(年末年始よりは増えいてはいますが)。このまま流行がおきずにシーズンが過ぎてしまえばよいのですが・・・(⌒-⌒; )

今年は診療報酬の改定もあり、調剤報酬についても具体的には未だに形が見えない現状ではあります。それでも、イメージとして与えられている薬剤師・薬局の形はありますし、当然ながら社会の求めるものと自身の理想像を擦り合わせて答えをだしていかねばなりません。何もしなければ、何もおきませんが、それでは社会での居場所も失うことになるでしょう。薬剤師個々人が前に進もうとしなければ、それは泥舟に乗ることになります、多分。

日立薬剤師会の活動は、薬剤師・薬局の未来像において、少なくともほんのすこし先の未来である「かかりつけ薬剤師」「健康サポート薬局」の実現に向けて、針路は間違っていないのではないかと思います。

「お薬講座」の開催は行政との連携もとれて好評のうちに回数を重ねています。これは薬剤師としての社会貢献であるとともに、活動自体が「かかりつけ薬剤師」の理想像に準じるものですし、評価の対象になるものです。今後とも会員薬剤師の方々の活躍を期待します。

 

また、「薬◯日◯社」の保険薬局調査の結果によると、
「健康サポート薬局」について、「かかりつけ薬剤師がいる薬局」を前提に、その機能として

1.患者がかかる全ての医療機関を把握し、服薬情報等を適切に記録する

2.時間外でもかかりつけ薬剤師が患者の相談等に対応する体制を整備している

3.地域包括ケア支援センター、訪問看護ステーションなど多職種と連携体制を構築している

という形の対応の可能性を聞いたときに、いずれも関心が高く100%に近い回答率だったそうです。そしてその結果では、1と2については半数が対応できると回答したそうですが、3についてはできるという回答が3分の1程度にすぎなかったそうです。

日立薬剤師会では、3の項目についても、連携のため活動を重ねてきましたし、現在もより良いものにしていくために地域医療委員会や薬薬連携会議の委員の方々に骨を折っていただいております。日立薬剤師会の会員ならば、自信を持って「多職種と連携体制を構築している」と答えていただけるのではないかと思います。

 

日立薬剤師会の活動は、地域の皆さまと関係者各位の理解、そして地域薬剤師個人個人の支えで成り立ちます。今後とも皆さまのお力添えを宜しくお願いいたしますm(_ _)m

そして新たな力はいつでも大歓迎いたします、是非地域の薬剤師のご意見をいただきたく存じます。会社や店舗が非会員であっても、個人で入会することは可能です、薬剤師としてすべきことするために一歩踏み出してみませんか? 今日は成人の日だそうです、春を迎えるにあたり新たな決意をするのにうってつけじゃないですか( ´ ▽ ` )ノ

 

仕事納め・休日診療所

昨年の大晦日も休日診療所の当番だったのですが、昨年はインフルエンザの大流行があり、とても混雑して休憩も取れないくらい忙しかったです。

なので、今年の大晦日も当番になり、恐る恐る出勤したのですが、今年はまだインフルエンザが流行しておらず、案外静かに1日が過ぎました(⌒-⌒; )

インフルエンザの患者さんはいませんでしたが、胃腸炎はおとなもこどもも多かったです。皆さま手洗いうがいを徹底して体調管理してくださいませ。

ともあれやっと今年の仕事納めとなり、ほっと一息です。来年からまたがんばりましょう!(明日からの当番の方、がんばってください)

本年中は会員の皆さま他、関係各所の方々のお力添えにより、日立薬剤師会のホームページを公開するにいたり、なんとか運営してきました。まだまだ至らないこともございますが、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。また、ご意見をお待ちしておりますのでお気軽にコメントやメールなどいただければ幸いと存じますm(_ _)m

皆さま、よいお年をお迎えください!

Have a Great New Year! 2016

 

簡易懸濁法勉強会

12月22日午後7時30分から開催されました。

この研修会については、日立薬剤師会学術部の安部先生(あべ調剤薬局)にご尽力いただきました、お疲れさまでした!感謝申し上げます。誰かが骨を折ることで様々な環境や知識が得られることを改めて認識して、次の行動につなげて行かなければならないのではないかとも感じた研修会でした。

IMG_0001_2

講師は大洗海岸病院薬剤部長の新井克明先生と群馬県済生会前橋病院薬剤部主任薬剤部長の秋山滋男先生です。お二人とも簡易懸濁法研究会で正式に認定を受けている数少ない講師の先生です。

http://plaza.umin.ac.jp/~kendaku/

内容は、まあ間違いなく勉強なりましたし、今後の薬剤師をとりまく環境では必須の技能と知識だと思います。

一部内容紹介( ´ ▽ ` )ノ

IMG_0008_2

実は細粒剤も懸濁にはなじまないものも多いのだそうですよ。細い経管を、とある細粒剤(錠剤の規格あり)やアルギン酸ナトリウムのシロップ剤(ドロドロで意味がある)を通せないことを実験で確認することができました。簡易懸濁法においては、安易に錠剤から細粒剤や散剤への変更をすることは服用を困難にさせることになることを確認しました。

私の経験では、錠剤を粉砕して欲しいという処方の場合、錠剤の嚥下が難しくなってきて、トロミをつけて飲み込むためというケースが多いので、味や粉砕による性状の変化を考えれば粉薬を選択できる場合はそれがベターになるケースもあります。しかし、簡易懸濁は経口の服用にも利用できるだろうな、という実感も得ました。

 

これはとある口腔内崩壊錠を懸濁したものです。ふたつのカップには同じ錠剤をいれて懸濁しました。

IMG_0003_2

右と左の違いは水の温度です、左は熱湯に近い温度の水で、右は常温に近いかなりぬるい水です。低温の方はうまく懸濁できていますが、左の高温で懸濁しようとしたものは凝固して沈殿してしまっています。これは錠剤の崩壊後に薬の主成分をコーティングしている添加剤が高温で溶けて固まってしまうためとのことです。OD錠の懸濁服用は簡単だと思っていたので目からうろこです。熱湯でなくても、通常の簡易懸濁法の水温の55℃でも起きる可能性があるそうですから知っておかねばなりません。

 

これは錠剤は青いレボドパ・カルビドパ配合錠を懸濁したものです。左のカップには、もう一種類とある錠剤も後からいれて懸濁してあります。

IMG_0004_2

想像はできるかと思いますが、後から入れた錠剤は酸化マグネシウムの錠剤です。薬剤は配合変化がおきたことで失効してしまいます。レボドパはアルカリ性下で酸化分解が促進されるため、酸化マグネシウムと混合すると効果が低下します。しかし、胃の中では胃酸で中和されるのでアルカリ性下に置かれることなく、内服で服用する場合はそんなに起きない現象だそうです。服用経路による配慮は当然しなければならくて、粉砕にも注意が必要で、また一包化調剤も気をつけなくてはならないと肝に銘じます。

 

衝撃! ある薬剤を懸濁して放置しておいたカップ(ポリスチレン性)が溶けてしまいました!

IMG_0002_2

この薬の正体は・・・

まあ研修に出た人にきいてください( ? _ ? )

べつに服用するのに危険なわけではありません、配合変化は薬剤の間だけで起こるわけではないのだという勉強をさせていただきました。

 

今回の研修会は内容も質もとても素晴らしいものでした。そして多くの方に参加いただきましたが、その期待に十分応えられる内容だったと思います。

重ね重ね準備から尽力された方々に感謝申し上げます。今後も知識と技能の向上のためにブラッシュアップできる研修会の実施を期待しています。そしてそれを実行していくためには地域の薬剤師個々人の協力が必要なことは言うまでもないと思います。

 

 

高カカオチョコレート1日25gで高血圧、コレステロール値を改善

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールに「動脈硬化を防ぐ」「血液をサラサラにする」などの健康効果があること […]

情報源: 高カカオチョコレート1日25gで高血圧、コレステロール値を改善

まあ、この記事も話半分だと思います。

治験?をうけた高血圧群の方々の治療状況にもよるわけで、未治療の高血圧群がチョコレートで血圧のコントロールができてしまう(または高血圧が治ってしまう?)のなら、本気で臨床治験をやるべきでしょう。局地的な事例をもっともな効果としてうたうのは、やはりどうかとは思います。結局砂糖はダメなわけですけれど。

甘くないチョコレートもどうかとも思いますが、甘いチョコの食べ過ぎはやはりやめたほうが良いでしょう。

まあ、でも私はチョコレートの味方ではあるわけですがf^_^;

ストレス抑制効果は、チョコレート好きな人なら実感していますよね、きっと。