平成29年度 地域健康フォーラム in 日立

更新がとどこおっておりますm(_ _)m

平成29年10月29日(日)「地域健康フォーラムin日立」に参加して「お薬なんでも相談コーナー」を開設しました!

たくさんの市民の皆様から様々なお薬や健康に関する相談をうけました。印象的だったのは、たくさんの方がかかりつけの薬局をお持ちだったことです。市内各所の薬局において薬剤師と良好な関係を作っているようで、うれしいことでした。

ただ、「かかりつけ薬剤師」についての認識はまだまだでした。制度がはじまってもうすぐ2年です。様々な問題を孕んでいるので全て是とは言えないのですが、薬局だけではなく、薬剤師個人が、人とのつながりに責任を持ち、役割を果たすことは、制度にとらわれなくても必要なことです。

診療報酬改定を控えて、再び薬剤師、薬局が槍玉にあがり、いわれのないバッシングを行うマスコミもいる昨今、私たは地に足をつけて必要とされる役割を果たさなければなりません。

地域の皆様から顔の見える存在として、薬剤師、薬剤師会の活動をする上で、このようなイベントに参加させていただけるのは僥倖といえます。今後も様々なイベントに参加できるように、ひとつひとつ、大切に務めなければならないと思いました。

 

今回の健康フォーラムin日立は、新しくできた日立さくらアリーナで開催されました。2019年の茨城国体では、バスケットボール、卓球、体操の会場となります

写真はメインコートで健康イベントはサブアリーナという、バレーボールやバスケット、卓球などの大会の際に、ウォーミングアップができるコートでおこなわれました。サブと言っても立派な体育館です。

今回のフォーラムのメインイベントの講演タイトルは「運動の効果を知っていますか?〜生活習慣病予防・がん予防に向けて〜」というのもで、会場のアリーナにふさわしい内容だと思います。

私たちのブースでも一応アンチドーピングの資材などをお配りしましたが、アンチドーピングについては問い合わせは無かったですね(⌒-⌒; )

まぁ、積極的にやったわけではなく、一応体育館でやるので配布資材に混ぜてみた、というていですので・・・・

 

まあ、私も一応スポーツファーマシストなので、何かしようかな、と思ったりしたのですがね(*^_^*)

 

2019年に茨城国体があります(本当は同年のラグビーワールドカップの方が個人的に重要です)、そして翌年2020年には東京オリンピックが開催されます。

それで、今年の9月に県薬剤師会のスポーツファーマシストメーリングリストで以下の調査がおこなわれました。

 

「スポーツファーマシストの皆様

 平素よりお世話になっております。

 さて,2020年に予定されている東京オリンピック・パラリンピックの開催に先立ちまして,日本薬剤師会より,ボランティア薬剤師の予備調査依頼がございました。

 つきましては,下記要件に基づき活動に御協力いただける方は次の回答項目に該当する内容を記載の上,9月29日(金)までに本メーリングへご回答ください。

 【回答項目】

氏名:

会員番号:

通訳の要・不要:

病院での勤務経験:

 

なお,本調査はボランティア活動に協力できる薬剤師の人数把握を目的としており,参加を確約するものでは無いことを申し添えます。 

                記

 【選手村総合診療所の概要】

開設場所:東京都中央区晴海(予定)

開設期間:2020年7月8日(水)~9月9日(水)

診療時間:7:00~23:00 ※救急サービスは24時間

対象者:選手村内に居住する選手,関係者

業務内容:診療所内で発行される処方せんに基づく調剤及び医薬品の管理

勤務体制:24時間3交代勤務を予定

 

【ボランティア薬剤師の要件】

1.日本アンチ・ドーピング機構認定スポーツファーマシストであること

2.開設期間中に10日程度勤務可能であること(連続でなくても可)

3.英語で服薬指導が行える若しくは,通訳を介して服薬指導が行えること

4.病院・診療所での勤務経験があると望ましい(注射薬・輸液等の取扱い経験)

 

【その他】

1.報酬及び旅費の支給なし

2.宿泊施設の手配なし

 

———————————-

公益社団法人茨城県薬剤師会」ここまで

 

まーね、オリンピックの診療所で選手たちと実際に交流できるなんていうのは一生に一度の経験になるでしょう。きっと参加したいと思う薬剤師の方も多いのでしょうし、ボランティアは素晴らしいことですよ。

でも災害時のボランティアじゃないんだから、3交代で勤務拘束されるんだから、調剤業務の責任を負うのだから、

手弁当というのは、それは良くても、宿泊費、交通費もないというのはどういうことなのでしょう( ? _ ? )

医師や看護師も無報酬で拘束するつもりなのでしょうか、まさかね。

小・中学生のラグビーのマッチドクターにだって報酬は払ってますよ(少しだけど)。

 

薬剤師も仲間に入れてやるよ、金は出さねーけどな、ってことですか?

わたし、日立薬剤師会の会計をやらせていただいてますけれど、例えば、今回の地域健康フォーラムに参加していただいた会員の皆様に対して、ボランティアといっても、感謝の気持ちはあり、報酬の捻出はできなくても実費の交通費くらいはなんとかお支払いしましたよ、微々たるものですが、気持ちです( ̄^ ̄)ゞ

 

オリンピックの薬剤師ボランティアは東京の人でテキトーにやってください

 

私たち地域の薬剤師は地域の皆様に対してしっかりと務めを果たすことが、すべきことであります。アスリートが市井の一員であれば同じく役割を果たすだけということであります( ̄+ー ̄)


コメントを残す