【トヨタ女性役員逮捕】隠蔽工作か 小包「ネックレス」として輸入 錠剤を3カ所に分散 – 産経ニュース

麻薬オキシコドンの錠剤を密輸したとして、麻薬取締法違反容疑でトヨタ自動車の常務役員、ジュリー・ハンプ容疑者(55)が逮捕された事件で、小包は「ネックレス」の品目…

情報源: 【トヨタ女性役員逮捕】隠蔽工作か 小包「ネックレス」として輸入 錠剤を3カ所に分散 – 産経ニュース

この事件は、アメリカのサイトの記事を読むと、オキシコドンは関節炎などでも重度の疼痛であれば処方できるようなことが書いてあり、一般的な処方薬であるらしいです。日本が欧米諸国よりも医薬品の規制で遅れているようなニュアンスの報道です。国際宅配便で送付したのも親戚とのことではあります。

この人も慢性疼痛で服用していただけなのかもしれません、痛みに苦しんでいる人は身近にも確かにもいるとは思います。

しかし、オキシコドンの濫用が原因のひとつで亡くなったマイケル・ジャクソン氏や、過剰摂取報道で名前があがったコートニー・ラブ氏(亡くなったのはヘロイン中毒の恋人カート・コバーンですが(T ^ T))などは80年代の亡霊ではないでしょうか。つまり規制がゆるいと濫用に必ずつながり、ドラッグカルチャーが若者にもてはやされる歴史を作ってしまうのだと思います。日本の今の危険ドラッグを含めた若者のサブカルチャーをみれば、簡単に規制を緩めることはアメリカの負の歴史をなぞってしまうことにもなると思います。

このトヨタの重役の方も日本の適正な医療をきちんと受ければ、オキシコンチンの代わりに、慢性疼痛に適応がある強力なオピオイド系の薬剤を処方してもらうことは可能だったはずです(欧米に完全に遅れているわけではありませんね(^-^))。日本の社会の中で、特に経済の中枢にいる企業の重役ポストを担う人物なら、自国のやり方をごり押しせず日本の流儀に従うのは礼儀だったのではないかと思います。

「法を犯す意図はなかった」と話しているそうですが、日本の流儀に従うつもりはなかったのだと思います。重役を担うような優秀な方なら強力なタイプのオピオイド系薬剤の輸入が(たとえ家族からの薬の仕送りだったとしても)日本では違法なことは、やはり認識していたのではないかとも思うのですが・・・。

日立薬剤師会広報企画委員会会議を開催します

日立薬剤師会の皆様、広報企画委員会の皆様へ

日立薬剤師会 広報企画委員会会議開催のお知らせ

 

梅雨に入りうっとうしい日々が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか、また日々の業務ご苦労さまです。

さて、昨年度より日立薬剤師会にて広報企画委員会が設けられました。今委員会は薬剤師が社会・市民の皆様に対して、その存在が必要なものとされるように活動することを目的としております。昨年度は「お薬講座」の開催、ホームページリニューアル、FMラジオ番組への講師派遣などの活動をしてまいりました。昨年度の課題・反省点を今年度の事業に生かすべく会議を開催いたします。また、今後の事業展開のために広く意見をいただきたいです。今委員会は薬剤師が日々の仕事をしていくための礎になる事業です。昨今、薬剤師と薬局の存在が問われる報道がされる時代でもあります。薬剤師として社会と共生していく為の答えを出していかなければなりません。会員の皆様、是非参加、ご協力をお願い致します。

今回委員会を開催するにあたり、委員として参加のお返事をいただいている方以外にも参加の検討をしていただければと存じます。人前で話すことは自分にプラスになる活動です。できるだけ多くの会員の方々に楽しんで参加していただきたいと思います。

日時:平成27年7月7日(火曜日)19時30分~

場所:NPO法人インパクト事務局内会議室(普通の民家風ですが看板は出ています)

日立市末広町2−1−31

議題:広報企画委員会概要、お薬講座、ラジオ講話、ホームページコンテンツ他

以上

委員会では会員の皆様に広く参加を呼びかけております。興味がおありの方は下記よりお問い合わせください。

[contact-form][contact-field label=’名前’ type=’name’ required=’1’/][contact-field label=’メールアドレス’ type=’email’ required=’1’/][contact-field label=’コメント’ type=’textarea’ required=’1’/][/contact-form]

 

心臓マッサージだけで回復裏付け 人工呼吸なくてもOK : 京都新聞

情報源: 心臓マッサージだけで回復裏付け 人工呼吸なくてもOK : 京都新聞

数年前に日立薬剤師会と日立消防署の主催で会員向けに心肺蘇生法の研修が行われ、私も受講しました。その当時から人工呼吸はできなくても、とくかく心臓マッサージは続けることが大切と学びました。

実は先日、心配蘇生法を実施する場面に出くわしました。

運動中の70代男性が目の前で突然昏倒しました、意識はなく脈が乱れ、手足が冷たくなっていく状態でした。周りの人たちと協力して、救急車の手配、AEDの調達、そして119番通報した際の消防の指示のもと心臓マッサージの実施となりました。

心臓マッサージは順調に行えたと思います。私は主に声かけを行いました。倒れた男性は苦しさからか舌を噛んだらしく、口の中には出血がみられました。

うーん、人工呼吸はできなかったです(ー ー;)

いや、できなかったのは私だけではないですし、誰かが誰かを責めることもなかったですけれども。顔を見合わせて心臓マッサージだけやろう、ということになりました。

ほどなくして近所の公民館からAEDが届きました。完全に心室細動が起きているようで、器械の診断ですぐに電気ショックを行う必要があるとのことで、そのまま実行しました。AEDの使用も手順通りに行うことで滞りなく実施することができたと思います。

その場にいて、倒れた男性を助けた方々も、心肺蘇生法の心得はある様子で、多分初めての経験であるだろうと思われる事態にも、皆迷いなく行動していました。

AEDを実施した後には、男性のおなかが動いたようで呼吸が戻ることが予兆できましたが、間もなく到着した救急隊に心臓マッサージを引き継ぎました。

その後、倒れた男性のお仲間から、男性は救急車内で意識を回復されたと知らされて胸をなでおろした次第でした。

 

心肺蘇生法ですが、やはり研修を受けておくことが役に立つと思います。何も知らなければ多くのことが後手に回ります。人工呼吸の有無も、できなければ心臓マッサージだけ続けることで蘇生の可能性が高まることを知識として教えてもらっていたので、最終的には割り切ることができました。

日立薬剤師会で再度研修会ができればよいですね(^ ^)

 

人工呼吸ですが、上の記事ではやらなくても良いことが証明されたようなことが書いてあり、それはそれで自分を納得させるのに良い情報なのですが、やっぱり咄嗟に人工呼吸をできなかったことは悔恨ではあります。結果はオーライでしたが、人工呼吸をしたほうが蘇生する可能性が高かったかもしれないし、その後治療することになる男性のダメージを軽くすることになったかもしれないとも考えられます。

後日、知人の消防士さんに事の顛末を話したところ、自分がいたら絶対に人工呼吸をおこなったと言われました。いろいろな考え方がありますが、消防としては心臓マッサージと人工呼吸はセットで行うことに蘇生法は統一されているようですし、経験に基づく蘇生術の確立もあるようです。その方は仕事柄かもしれませんが、人工呼吸用の携帯用マウスピース(?)を携帯のストラップにつけていました。しかし結局は、感染予防ができなければ人工呼吸をしないことは責められることではないのは間違いありません。

 

大地震のときも感じましたが、備えは大切だとつくづく思います。消防士さんのように、いつか何処かで誰かを助けられるように居たいと思います。それは無関心や無知でいるよりも、心の平静を保てる行為であるのではないかと思います。

 

 

 

 

健康・医療ワーキング・グループ 議事次第 – 内閣府

情報源: 健康・医療ワーキング・グループ 議事次第 – 内閣府

遅れましたが、2015年5月21日に内閣府が設置した規制改革会議の健康・医療ワーキンググループが開催されました。第36回となる今回は、「医薬分業推進の下での規制の見直し」などについて議論が交わされました。

理想の医薬分業を推進するために、抜本的な調剤報酬の見直しが行われることは間違いありません。

地域医療の一員として活躍することは、私たち薬剤師にとって望むところなはずです。ここは迷わず「前へ」進みましょう!